もう汗やにおいに悩まされない|多汗症・わきがの治療

治療でしっかり治せる多汗症
カウンセリング

食事のときの汗

辛いものを食べたときに発汗することは誰にでもあるものですが、異常に汗をかいたり止まらない場合は、味覚性多汗症の可能性があります。精神性発汗も加わっている可能性があるので、早めに治療しましょう。

医者

わきがと多汗症

多汗症と一緒に発症しやすいのがわきがです。どちらも様々な治療法がありますので、傷痕を残さず治療したいという場合や、徹底的に汗腺を取り除きたいという要望を叶えることができます。

多量の汗

相談

夏になると、汗をかく量が増えてきます。しかし、寒い時期でも変わらず汗をかくという人は、多汗症かもしれません。そもそも汗をかくのは、体温を下げるためという目的があります。多汗症の場合、体温を下げる目的じゃないときにでも汗をかいてしまいます。自分で抑えられることができないため、季節を問わず汗の量が増えるのです。多汗症には、精神的なことが原因で多量の汗をかくことがあります。緊張して手汗をかいたり、不安なことがあるとどんどん汗がでてきたりする場合は、精神性発汗の可能性があります。多汗症なのかどうかを見極めるには、どのような状況で汗の量が増えるかというところを確認します。何かストレスを感じたときに多量の汗をかくという人は、多汗症の疑いがあります。汗が出てほしくないと思うときに限って多量に出ることがあるという人も、多汗症の可能性があります。自律神経が汗と大きく関わってくるので、これらに当てはまるかどうかというのは見極めるためにも必要です。

多汗症の種類は二つに分けられ、全身から発汗する全身性発汗と、身体の一部分から発汗する局所性発汗というものがあります。多汗症を発症する人は局所性発汗の場合が多く、その中でも症状が出やすい部分があります。多くみられるのはわきの下、手のひらなどです。これらは汗腺が集中しているということもあり、症状が出やすくなっています。こまめに拭き取っても手汗が止まらなかったり、洋服のわきの部分に汗ジミができてしまうという方は、当てはまる可能性が高いです。

発症する原因は様々で、ほかの病気が原因で発症することもあります。また、ホルモンバランスが乱れたときなども多汗症のような症状が出ることがあります。多汗症に当てはまるのか、治療は必要なのかどうか、医師の判断を仰ぎましょう。そして中でも多いものが、ストレスや緊張などの精神的なことが原因で起こるケースです。緊張したり、不安を感じたりすると汗をかくことがあるかと思います。多汗症はそれが顕著にあらわれ、精神的にストレスを感じてしまうと多量の汗をかいてしまいます。治療に訪れる方も、精神的なことが原因で発症するケースが多いです。もちろん多汗症の治療も必要ですが、ストレスを感じないように心がけることも大切です。悪化してしまうと、自律神経失調症などを発症する恐れもあります。悪化させないためにも、多汗症を放っておかず、きちんと病院で治療しましょう。ほかにも、遺伝で多汗症を発症することがあります。まだ研究段階ですが、ワキガのように多汗症も遺伝で発症する可能性がとても高いのです。体型も影響する場合がありますが、多量の汗をかくのは太っているからというわけでもなく、局所的に多量の汗をかくという人は、多汗症の可能性があります。体型のせいだとは思いこまず、思い当たる節がある方は病院で診てもらいましょう。多汗症かどうか診断してもらい、該当する場合は治療していきましょう。多量の汗をかくと、気にしてしまいさらに汗をかくという悪循環になってしまうことがあります。自分でコントロールすることができないので、多量の汗に悩まされている方は、一度病院で診察してもらいましょう。現在では治療法も様々なので、自分に合った方法で治療していくことができます。まずは医師と相談してみましょう。

おすすめリンク

  • 多汗症.com

    多汗症の治療をすることで悩みを解消することができるようになっています。興味があるならサイトを見てみよう。
  • 多汗症を改善したい人のサイト

    改善情報をチェックしておくことができるので、多汗症の治療について知りたいことがあるならサイトを確認しておきましょう。
ナース

注目の治療法

多汗症・わきがの治療で最近注目されているのが、サーミドライという治療法です。高周波でアポクリン汗腺やエクリン汗腺を徹底的に取り除くので、永久的な効果が得られます。