もう汗やにおいに悩まされない|多汗症・わきがの治療

ドクター

わきがと多汗症

医者

わきがは、多汗症と併発しやすいものです。多汗症は季節を問わず多量の汗をかいてしまうものですが、わきがは強い独特なにおいを放ちます。どちらか一つだけ発症するという人もいますが、わきがと多汗症の両方を治療するという方も多いです。身体には二つの汗腺がありますが、そのうちのアポクリン汗腺から分泌された汗が原因でわきがを発症するのです。通常の汗はエクリン汗腺から分泌されるので、わきがとは汗の種類が違います。アポクリン汗腺は、においの原因である脂質やアンモニアなどを含んでいることにより、独特なにおいの汗を分泌します。また、通常の汗とは違い粘り気があるのが特徴です。アポクリン汗腺はわきのほかに耳の中にも存在します。そのため、わきがかどうかを診断する際には耳垢の状態も確認します。細菌によってアポクリン汗腺から分泌された汗が分解され、においを放ちます。そのため、汗自体にはにおわないのです。アポクリン汗腺の量が多かったり、普通の人より大きかったりすると、わきがを発症しやすくなります。

多汗症は、エクリン汗腺から汗が分泌されるので、さらさらの汗をかきます。においが発生することもありません。通常の汗はエクリン汗腺から分泌されます。全身に汗腺がありますが、手のひらや額には汗腺が多く、とくに汗をかきやすくなっています。そのため、多汗症の人は手汗に悩まされたり、顔の汗が目立ってしまうのです。多汗症じゃなくても汗をかきますが、量はそれほど気になりません。精神的なことが原因だったり、ホルモンバランスが乱れたりすることで多汗症になってしまうこともあるのです。

多汗症やわきがは、現在では様々な施術で治療することができます。レーザー機器を使用してアポクリン汗腺やエクリン汗腺を燃焼させることにより、汗の分泌を抑えます。切開法ではないので傷痕が残る心配もありません。そして高い効果が得られるので、とても人気のある治療法です。ほかにも、ボトックス・ボツリヌストキシンを注射することで汗を抑える治療法があります。注射する治療法ですので、こちらも傷痕は残りません。継続的に注射することで、効果が持続し、汗腺の働きを抑えることができます。施術が怖いという方でも、通常の注射のように数分で済むので安心です。費用もほかの治療法と比べると安く、受けやすいところが特徴です。ほかにも専用の超音波機器を使用して治療する方法では、ほかの細胞を傷つけずに汗腺だけを除去することができます。傷も少しで済みますので、周囲に気づかれる可能性も少ないです。施術時間も数十分で済むので、身体への負担も少ないところが特徴です。丁寧に汗腺を取り除いていくので、治療後にまた汗に悩まされるということもありません。治療費用は30万円強ほどかかりますが、確実に汗腺を取り除くので、徹底して治療したいという方はこの治療法も良いでしょう。治療法も様々ですので、傷痕を残さず治療したいという場合でも大丈夫です。多汗症やわきがの度合いを調べつつ、希望に沿った治療法を受けることができます。美容クリニックによって独自の治療法を扱っているところもありますので、まずはインターネット等で調べてみましょう。どのような治療法があるか、費用はどれぐらいかなども確認することができます。